METHOD

メソッド

2022年4月22日
YAMAMOTO SHINYA

Facebook広告の効果を挙げる50のチェックリスト

デジタルマーケティング活動を行う中で、効果の高い施策は日々変化しています。その中で、高い影響力を誇っているのが「Facebook広告」です。

Facebook広告とは現Meta社が運営している「Facebook」「Instagram」を中心とし複数メディアに広告出稿ができるサービスとなっております。

 

テキスト情報だけではなく、画像や動画と合わせて訴求ができるため、リスティング広告よりもより多くの情報量を提供することが可能となっております。

 

また、ターゲティング精度も非常に高く、ターゲット層に向けて直接アプローチすることが可能になります。

 

ターゲティングをはじめとし、Facebook広告では多くの運用変数が存在し、それらを常にモニタリングし、変数を改善していくことが非常に重要になります。

meycoでは、お客様に最大限結果を出すために、様々な施策を推進して参りました。

その際に、最も結果に繋がった工程を「ユーザーグラフマーケティングメソッド」として開発、発信してきました。

 

今回はマーケティング施策の中でも非常に重要な施策の1つでもある「Facebook広告」における効果改善のためのチェックリストを網羅的にまとめました。

 

マーケティング施策を推進されている方、施策に不安がある方やマーケティング施策精度を上げたい方は是非ご活用ください。

 

参考:Facebook広告の効果を上げる50のチェックリスト(Googleスプレッドシート)

 

本記事が皆様のマーケティングにおける課題解決に少しでもお役に立てれば幸いです。

meycoではユーザーグラフの考え方に則ったマーケティングに関するご支援をしています。よろしければお気軽にご連絡ください。

 

ユーザーグラフマーケティングのmeyco

お問い合わせはこちら

独自の“ユーザーグラフメソッド”に基づき、高い確度の仮説を構築。戦略立案から施策実行のPDCA支援まで、パートナーとして伴走します。